ホーム » 技術 (ページ 2)

技術」カテゴリーアーカイブ

自宅NASをSMARTで監視する

最近在宅ワークにシフトした結果、オフィスで提供されてきた共有ファイルサーバが利用できなくなり、自分でファイルストレージを何とかしなければならないという相談を受けるケースが増えてきた。これに対する答えはいろいろあって、クラウドサービスを使って外部に置くなんていうのもアリだが、自分は5年ほど自宅でNASを運用しているのでこれをオススメしている。ただNASの運用はそれなりに面倒だ。特にディスクドライブを複数搭載し、RAID構成にしている場合の監視はいろいろテクニックを要する。

本稿ではSMARTによるディスクドライブ監視を中心に、NASの運用手法について説明する。

NASの選択と運用ポリシーの決定

最初にお断りしておくが、本稿ではバックアップについては何も説明しない。絶対に失いたくない大切なデータをどうしたらよいかは、ぜひ自分で考えていただきたい。本稿で示すNASのRAID運用と監視は「壊れやすいディスクドライブを相手に、できるだけ素早く復旧を目指す方法」を説明するものであって、データをロストする可能性はゼロではない。自分はバックアップを別の方法で取っているが、本稿の趣旨と外れるので説明しない。

[続きを読む]

IPアドレスとプライバシー

あるIPアドレスを入手したとして、この情報だけで利用者を特定することはできるだろうか。技術的には無理である。IPアドレスから利用者を特定するためには、実際には様々な情報を組み合わせ、方々に問い合わせをしていかなければならない。

まずIPアドレスがどのようなものかを整理しよう。アクセス元のユーザが、スマホのような端末でアクセス先のサービス(たとえばSNSのサービスを提供しているサーバ)にアクセスするということは、下図のような状況を意味している。インターネットを利用するということは、インターネットの回線を介してデータをやり取りするということであり、アクセス元にデータを届けるためにはIPアドレスを頼りにする。したがってアクセス先のサーバはIPアドレスを記録し、正しく返信しなければならない。少なくとも通信を行っている間は、IPアドレスを保持していなければならない。

インターネットアクセスとIPアドレス

アクセス元のIPアドレスを決定しているのは誰だろうか。それはアクセス元にインターネットアクセスサービスを提供しているアクセスプロバイダ、ISPだ。現代ではほとんどの場合、電話会社である。もちろん例外は多数あるが話が長くなってしまうので、電話会社の例で説明を続ける。

[続きを読む]

CuratorでElasticsearchをメンテする

以前の記事で、トラフィックキャプチャ・ソフトウェアのMolochを紹介した。導入から1か月半が過ぎてまずまず問題なく動いていたのだが、あるパーティションが90%を超えたぞと警告が出たので調べてみたら、Elasticsearchのデータディレクトリが肥大化して溢れていた。よく考えてみたら何の手立ても打っていないので、データが溜まれば溢れるに決まっている。そこでどうやって古いデータを消せばいいのか、慌てて調べた。その結果あんまりきれいにまとまったページがないようなので、個人的なメモを兼ねてブログ化しておく。

946
[続きを読む]

Zabbix5.0をインストールする

去年の5月にZabbix4.0に乗り換えたばかり()なのだが、リリースされたZabbix5.0のインストールに挑戦することにした。最初はデータの移行をしようと思ったのだが、テンプレートが結構変わっているのをみて、こりゃ移行はあきらめた方がよさそうだなと思いなおした。過去のログを捨てるのは惜しいが、そもそもZabbix監視はそういうもんじゃないと割り切る方が楽だ。というわけで本稿はごく普通にZabbix5.0をCentOS8にインストールするだけの退屈な記事である。

945
[続きを読む]

あつ森のちゃくりくせんを分析してみる

あつまれどうぶつの森ではもう一つやることがある。宇宙関連アイテムを集めて展示室を作ることだ。

とび森においても宇宙関連アイテムは充実していたが、解像度が上がったあつ森で特に期待していたのが「ちゃくりくせん」だった。DIYレシピは初期の段階でフーコから手に入れていたのだが、「ほしのかけら」を10個も要求するのでなかなかDIYできなかった。連休に入って夜更かしできるようになり、ようやく材料がそろって完成したので、これを分析したい。

図1 ちゃくりくせんとうちゅうふく
[続きを読む]