ホーム » 技術

技術」カテゴリーアーカイブ

さくらのクラウド10年間を振り返る

自分には、日常のどうでもいいスナップ写真を撮るという趣味というか癖みたいなものがある。毎日写真を撮っているわけではないのだが、きっと5年後、10年後に見返したら面白いだろうなと思えるときに目立たずサッと写真を撮るようにしている。

写真が気軽なものになったのはデジタルカメラが登場してからだと思う。自分はQV-10は持っていなかったが、CAMEDIAのごく初期の機種を持っていて、それで記録を残していた。そういうわけで20年前のさくらインターネット株式会社のオフィスや社員の様子を写した写真は、ほとんどすべて自分が撮ったものだ。これらは広報や総務に供出していて、イベントで利用されたりすることもある。その後、デジカメは広く普及し、ケイタイでも高画質化が進み、今では誰でも気軽にスナップが撮れるようになった。とはいえ日常を撮る趣味の人はそんなにいない。ということで今でも、社内のイベントの写真は自分で記録するようにしている。

さて、2011年11月15日は石狩データセンターの開所日かつさくらのクラウドサービスの開始日だった。自分は11月初旬からサーバのセットアップのために石狩に詰めていて、11月15日は東京に戻ってサービスローンチを指揮していた。そのデータセンターでの作業の様子は、もちろん写真に撮って残してある。10年後に見たら面白いだろうと思っていたのだ。

[続きを読む]

AlmaLinuxを試してみる

2020年12月のCentOSを取り巻く環境が大きく変化するというニュースは非常に大きいものだったが、これまで本ブログでは取り上げてこなかった。個人ユースではStreamに移行してもなんとかなるかなという程度の問題だからだ。それにサポート終了までの猶予もまだある(あんまりないが)。それまでに状況を見極めてもいいんじゃないかと思っていた。案の定、現在に至るまでにいろいろなことが起こっていて選択肢は広がっている印象だ。

さて表題のAlmaLinuxなのだが、これはRHELのコミュニティ版ディストリビューションで、CentOSのポジションを引き継ぐ目的で開発されたものだ。

個々に書かれている特徴をかいつまんでみると

  • CentOSと同じRHEL互換OSで、1対1に対応している
  • ほとんど手間をかけずにCentOSから移行できる
  • 無償サポートで、2029年まではコミットする

ということで、CentOS8が反故にした約束をそのまま引き継ぎますよ、ということだ。

AlmaLinuxはなんといっても、ごく短期間のうちにリリースまで持ってきた開発力が注目されている。正式リリースは2021年3月30日、CentOSの発表からほとんど4か月間でリリースしている。これってちゃんと動くのかな? と疑問に思わないでもない……ということで、本稿ではそれを確かめてみたい。

[続きを読む]

lm_sensorsでサーバの温度を監視する

そういやオヒスのルータマシンの温度監視をやってなかったなと気づき、自宅のルータマシンの温度監視を流用すればいいやと思って調べてみたら、この前Zabbixのバージョンアップをやったときに動かなくなっていたことを発見してしまい、やり直すことにした。

概要

例によって本稿で示す監視の概略を示す。

  • lm_sensorsでサーバの温度センサから情報を取得する
  • zabbix-agentでデータを取る。ついでにdiscoveryルールも作る
  • zabbix-serverで受信する。グラフ化などは適当に

ターゲットは、最近お騒がせのCentOS8だ。

[続きを読む]

MolochがArkimeに変わってた

以前、パケットキャプチャアプリのMolochを紹介した。

ちょっと油断していてアップグレードしていなかったので、さてどうなっているかなと本家サイトを見に行ったら、新バージョンどころか名前が変更になっていた。まあいろいろやむを得ない事情があったようだ。ということで、今回はアップグレードの手順について説明したい。ところでホスト名などは今更変更できないのでそのままとしている。

なお現在のバージョンはこちら。

[root@moloch ~]# dnf list moloch
Last metadata expiration check: 1:35:39 ago on Fri 20 Nov 2020 09:14:01 AM JST.
Installed Packages
moloch.x86_64                          2.2.3-1                           @System
[続きを読む]

ssh-tunnelで自宅とオヒス間をつないでみる

さてここ1か月に渡ってプライベートオフィス(以下オヒス)の環境構築に取り組んできたのだが、残る問題が自宅とオヒスの間を結ぶネットワークだった。もともと自宅LANはCentOSをルータ代わりにした簡単なNAT環境で、難しいことは何もなかった。ここにオヒスのLANをいい感じに繋ぎたいのだが、こちらも似たような構成になっている。図にするとこうだ。

簡単にできるかと思いきや意外に面倒なところではまってしまい、途中でlibreswanを試して1週間時間を無駄にしたが、結局問題が何かが判明したのでssh-tunnelでの実装を紹介したい。

[続きを読む]