ホーム » 「CentOS8」タグがついた投稿

タグアーカイブ: CentOS8

fail2banをCentOS8にインストールする

サーバにグローバルIPアドレスを付けるとportscanが激しいので、対策が欠かせない。fail2banは手軽な対策手段なのでオススメなのだが、その原理はscanを検知するとiptablesやfirewall-cmdを使ってフィルタをかけるというものだ。CentOS8になってiptablesからnftablesに移行したのだが、fail2banがきちんと動作するのかが心配になる。これを確かめてみよう。

935
[続きを読む]

Zabbix4.0(proxy)をCentOS8にインストールする

自宅LAN環境をZabbix監視するに当たっては、クラウド上にあるZabbixサーバから監視をするのだが、ルータマシンにzabbix-proxyを入れて、それを経由して自宅LAN内を間接的に見るという手法を取っている。ルータマシンのリプレースに伴って、zabbix-proxyもインストールしなおす必要が生じた。

Zabbixのダウンロードページを見に行くと、CentOS8はリリースされたばかりでまだ未対応のようだ。

2019年10月1日時点のダウンロードページ
[続きを読む]

CentOS8はどれぐらい変わったか(パッケージ編)

初めてのCentOS8のインストールに当たっては、カジュアルにMinimumグループを選んだ。CentOS7の頃は特に問題を感じなかったからだ。もちろんMinimumはあれもこれも入っていないので、追加しなければならないパッケージは多い。が、少なくとも必要最低限は入っていると期待できた。それよりもよく分からないパッケージグループを選んでコンテナなんちゃら、とかをインストールされるよりはマシと思うのだ。

が、CentOS8のMinimumをインストールして、tarが入っていないことに気づいたとき、これはヤバいなと考え直した。今回のメジャーアップデートにおいては、yumdnfに移行するという結構大きな変更があったが、同時にパッケージの作り直しも行われたわけで、よくよく調べておかないと大事なものがなくなっているかもしれない。

933

自分はGUIインストーラは信じていないので(選択肢が少なすぎ、選択の幅も狭すぎ、結局思ったようにはインストールできない)、Minimumでインストールした後でコンソールから調整するか、最終的にはKickstartでインストールできるようパッケージおよびグループリストを完成させることを目指すことにする。

[続きを読む]

CentOS8 (Minimum) インストールしてとんでもなかったこと一覧

そのうち記事にするが、急いでCentOS8をインストールする用事があったので、リリース直後のCentOS8を物理マシンにセットアップしてみた。するとなんだかいろいろ奇妙なことが起こるので、一覧にしていくことにした。もしかしたら随時アップデートするハメになるかもしれない。というか備忘録を作らないと最終的な調整のために追い付かないような気がするので。

[続きを読む]