ホーム » 「CentOS8」タグがついた投稿

タグアーカイブ: CentOS8

AlmaLinuxを試してみる

2020年12月のCentOSを取り巻く環境が大きく変化するというニュースは非常に大きいものだったが、これまで本ブログでは取り上げてこなかった。個人ユースではStreamに移行してもなんとかなるかなという程度の問題だからだ。それにサポート終了までの猶予もまだある(あんまりないが)。それまでに状況を見極めてもいいんじゃないかと思っていた。案の定、現在に至るまでにいろいろなことが起こっていて選択肢は広がっている印象だ。

さて表題のAlmaLinuxなのだが、これはRHELのコミュニティ版ディストリビューションで、CentOSのポジションを引き継ぐ目的で開発されたものだ。

個々に書かれている特徴をかいつまんでみると

  • CentOSと同じRHEL互換OSで、1対1に対応している
  • ほとんど手間をかけずにCentOSから移行できる
  • 無償サポートで、2029年まではコミットする

ということで、CentOS8が反故にした約束をそのまま引き継ぎますよ、ということだ。

AlmaLinuxはなんといっても、ごく短期間のうちにリリースまで持ってきた開発力が注目されている。正式リリースは2021年3月30日、CentOSの発表からほとんど4か月間でリリースしている。これってちゃんと動くのかな? と疑問に思わないでもない……ということで、本稿ではそれを確かめてみたい。

[続きを読む]

Molochをインストールしてみる

Molochはネットワークを流れるパケットをすべてキャプチャし、統計できる解析ソフトだ。公式サイトによると、ラージスケール対応で、オープンソースで、パケットをインデックスしサーチできる、とある。これはなかなか面白そうなので、ちょっと試してみることにした。

ちなみに自分はMolochと聞くと、NetHackのGehennomで祭られる邪神を連想してしまい、とても心穏やかではいられない。FAQを読んでみたが、なぜMolochなのか、なぜフクロウなのかは分からなかった。

944
[続きを読む]

WordPressをCentOS8/nginxでインストール

WordPressをCentOS8環境下のnginx/php-fpmにインストールする手順をまとめる。

CentOS8では、nginxが正式採用されたりPHPのバージョンが7.xに上がったりしているので、CentOS7に比べて手順が洗練されていることが期待できるが、果たしてどうなっているかを確認してみたい。なお本稿ではPHPはAppStream版の7.2を入れた(Remiが対応している7.3は入れていない)。

ちなみにCentOS7での手順は、大雑把ではあるが

に示している。

939
[続きを読む]

fail2banをCentOS8にインストールする

サーバにグローバルIPアドレスを付けるとportscanが激しいので、対策が欠かせない。fail2banは手軽な対策手段なのでオススメなのだが、その原理はscanを検知するとiptablesやfirewall-cmdを使ってフィルタをかけるというものだ。CentOS8になってiptablesからnftablesに移行したのだが、fail2banがきちんと動作するのかが心配になる。これを確かめてみよう。

935
[続きを読む]

Zabbix4.0(proxy)をCentOS8にインストールする

自宅LAN環境をZabbix監視するに当たっては、クラウド上にあるZabbixサーバから監視をするのだが、ルータマシンにzabbix-proxyを入れて、それを経由して自宅LAN内を間接的に見るという手法を取っている。ルータマシンのリプレースに伴って、zabbix-proxyもインストールしなおす必要が生じた。

Zabbixのダウンロードページを見に行くと、CentOS8はリリースされたばかりでまだ未対応のようだ。

2019年10月1日時点のダウンロードページ
[続きを読む]